Make your own free website on Tripod.com



F2G氏帰還オフレポート


君は生き残ることができるか!
(いや、できない)



01年8月18日(土) F2G氏の大阪よりの帰還を祝して秋葉原でオフ会が行われました。

名づけて「F2G氏帰還オフ会」。前回は、大阪に移転するということで、追悼オフ会が

行われましたが今回は、「秋葉原よ!私は帰ってきた!」という帰還オフ会です。

3年待っていただけあってその威力は恐ろしく、まさかあんなことになるとは思いもよら

なかったと、後の敗残兵は語っております。例えるならば、身内ネタになりますが、

第一回のオフ会のような・・・。あの時は俺のオフ会慣れしてないのと、話題が全くの領域

外だったのとで、防戦一方どころかリングにすら上れませんでした。しかし、それから俺も

多少はレベルアップして、無意味な自信をつけて望んだのですが一般兵が多少がんばった

ところでニュータイプには勝てないんだと、力の差をまざまざと見せ付けられたのであります。



1、タワー


例によって集合場所はタワーです。いつもなら集合時間30分後とかに出発になるのですが

今回はいつになく集まりがよく15分後には出発しておりました。この時点で、メンバーは

主賓のF2G氏、F2G氏の盟友忍さん、おっきーさん(懐)、後の逃亡兵、Xoxくん、らっきーくん、

俺の6名。タワーから、飲み屋までソフマップワールドを合唱しながら行進。一部で有名な

オールハングルの生首ゲームや、大阪での暮らしなど、普通の話題で進行。この時点では

何も異変はなく、いつもどおり。ちなみに、おっきーさんというのは、第一回のオフ会のみの

参加者で俺としては、あぁ、お久しぶりです。という感じなんですが、それよりも、あの何も

出来なかった第一回のオフ会の象徴というイメージが強いのです。第一回しか参加してない

ので。そして、一人ひっそりと、「あの時とは違うと言うことを証明するにはちょうどいい機会

だ」「今度はちゃんと参加してたくさんしゃべってやるぞ」と悲壮な決意をしたのであります。

はからずも、「悲壮な決意」という言葉がぴったりの飲み会になるとは知らずに・・・。



2、壮絶飲み会


場所は、初期と中期のオフ会で使用された飲み屋。思い出としては、F2Gさんが女の子を

連れてきて、初めてこのメンツで女の子を交えて行われたオフ会が挙げられます。あとは、

スキーから帰ってきた日に電話で呼び出されて急遽行われたオフ会なんかもあります。


そして、飲み会開始。F2さんの就職を祝して乾杯します。大阪の様子や、その他メンバーの

近況などを報告しあい、和やかな雰囲気になっています。この時点での会話の内容は

ほとんど憶えてないのですが、恐らくまだ会話に参加していたと思います。



3、かみぃゆ氏参戦


普通に会話に参加してのどかな雰囲気で飲んでいたところ、go_toさんから電話です。

場所を伝えてこっちに来るのを待ちます。同僚のかみぃゆ氏を連れてくるそうです。

                   やったー。(後に後悔) go_to氏心の声)

かみぃゆさんというのは、これまで3回ほど共にカラオケしたことのあるgo_toさんの同僚で

その濃いキャラクターと深い知識で他を圧倒する実力者です。過去この人と一緒にカラオケ

して熱くならなかったことはないという素晴らしい御仁でした。あぁ、楽しいカラオケの絵が

思い浮かびます。ですが、今回は彼が台風の目になるのでした。こんなはずでは・・・。


やぁやぁ〜とgo_toさんと、かみぃゆさんが登場。当然のごとくgo_toさんは上座に座って

もらって、その対面上にかみぃゆさんが座ります。面識ない方々もいるので、とりあえず、

自己紹介をします。まだ、平気です。壊れてません。秋葉でよく行われるようなオフ会です。



そして、自己紹介が終わって第一声

これが全ての誤りでした

ここで正しい選択肢

いや、これ以外の選択肢だったらなんでもいいんですが

とにかく、バッドエンド直行のこの選択肢以外を選びさえすれば

全ては丸く収まり、普通の秋葉風味のオフ会になったのに・・・

と、後悔の嵐が吹き荒れる選択肢が選ばれるのでした



「go_toさん彼女できました?」



誰ですか、これ言ったの? F2さんですか? Xoxくんですか? それとも俺ですか?

時の砂が使えるんだったら躊躇なく使って、第一声フラグで違う選択肢選びます。

「go_toさん最近どんなエロゲやってますか?」

「go_toさん、アニヲタになったって本当ですか?」

「go_toさん、臭作のビデオ質高いっすよ」

この際、もう何でもいいです。

しかし、現実は「go_toさん、彼女で来ました?」という選択肢を選んでしまったのです。

この後、「うん、いるよ」という答えが返ってきます。

この「うん、いるよ」というセリフ 

ここまではなんとか修正可能は範囲だったのではないかと思います。

だけど、ここで、バッドエンド確定のセリフが出ます。



「彼女って、ディスプレイの中ですか?」



誰ですか、こんなセリフ吐いたの?


あ、俺ですか?


自分でトドメ刺したんか。

バカです俺。この後の展開も分からずに、いつものように調子に乗ってバカなこと

言いました。でも、ネタで自分の首絞めることはあっても実地で窮地に陥るのは初めてです。

たしかに、 彼女いますか?>いるよ>それって2次元のですか? というコンボは

チャットなどでは通常装備です。それ自体は人畜無害のいわば、挨拶みたいなものです。

が、今回は違いました。

この後、延々と飲み会終了まで「go_toさんの彼女は○○だ」という話題で進行します。

最初の方は、「脳内だけの彼女だ」「紙の中だ」「一方的に両想いだ」「キャラグッツだ」

一般的なネタが続きます。この時点までは俺も元気でした。いつも通りです。第一回の

オフ会のように完全に沈黙してません。パターン青です。が、さすがに同じ話題で続けていると

段々、元ネタがディープになっていきます。段々俺、ついていけなくなります。ネタが

ゲームなのかアニメなのか特撮なのかそれすらもわからなくなります。なんとか、俺の分かる

話題に振りたいのですが、圧倒的な熱量に太刀打ちできません。自分がネタになっているの

にgo_toさん完全に沈黙です。彼女いると言っただけで、こんなことになるとは予想だに

しなかったでしょう。俺も予想しませんでした。でも、話題は続行です。がんばれ。


4、ブーストオン


「go_toさんの彼女は○○だ」ネタで進行中に、それでなくても付いて行けてない俺に更なる

追い討ちがかかります。2段階ブーストです。スパイラルです。俺もアルザードに乗って対抗

したいのですがエンジンが壊れて車押している状態です(5位には5位の価値しかないのよ)。

というようにサイバーネタでも話しましょうよ。と泣きたくなるような話題展開が起きます。



下ネタ降臨


嫌なものが降臨しました。

ぼく・・・ダメなんです・・。
(知ってるよ。というツッコミ待ち)

ここからが、「こんなはずじゃなかった」の始まりです。

下ネタ・・・、センスと教養が必要とされつつも、相手を選ぶ話題。

「go_toさんの彼女は○○だ」ネタと同時進行で進みます。○○の部分はもはや

俺には理解できません。なんですかそれ、文字化けか何かですか?という状態です。


この時点での皆々の様子を観察しましょう。


F2G氏:

下ネタもディープなマニアネタも得意とするところらしく、いつも通り大暴れ。

おそらく、何の話題でもこの調子なんでしょう。無敵。


忍さん;

上に同じく


おっきー氏:

旗振って先頭走ってます。その勢いで敵陣まで突っ込みそうです。

第一回のオフ会の様子がフラッシュバックします。

やはり、今回も勝てなかったか・・・。成長してないです俺。

すいません。イチからやり直します!イチから。(金竜山)


かみぃゆ氏


他の面々に負けずとも劣らない暴れっぷり。初顔合わせが多い中で予想以上に大健闘。

恐らく、この領域は彼の最も得意とする分野でしょう。マイエンジェルで声優問題解くような

勢いで大暴れしています。そして反比例するかのようにgo_toさん静まっています。



go_to氏


完全に沈黙

ネタの当人ではあるんですが・・・。

心中を察すると痛々しいのですが俺には何も手助けできません。

何とか流れを変えたいんですが・・・。



Xox氏


大健闘。

場の流れが下ネタ故に沈黙かと思われましたが、大方の予想を覆し積極的です。

「積極的に話をしてる。初めてね、こんなの」と今更エヴァネタ振りたいくらいがんばっています。

かと言って、日頃のイメージをぶち壊して下ネタ連発しているかというとそうではなく、

場の流れを操作しながら上手いこと会話に入っています。例えるなら司会者みたいな感じです。

彼のこういう立ち回りを見るにつけ、すげぇよ、あんた。と感心するわけですが、この後さらに

すごい人物が現れます。もう、彼無しではオフ会語れないんじゃないかと個人的にはMVPです。



らっきー氏


いつものオフ会と違い、古いネタや分からないネタが多く、それだけでも参加できないのに、

下ネタなんか始まって、さらに沈黙してしまいます。一人酒を煽りながら鬱になっています。

が!

ついにキれました。

下ネタばかりの場に鉄槌を振るうべく心の中のものをぶちまけます。




11歳以上は喰えねぇんだよ!!




一瞬、皆の顔が Σ( ̄□ ̄;)!! って感じになります。

そして、次の瞬間、すげぇよ あんた・・・ と尊敬のまなざしで見上げます。


らっきーくん・・・随分と遠いところまで来ちゃったんですね。

昔は、ジュジュちゃんより闇のおねえさんが好きとか言っていたのに、

あの頃の純真さはどこへ逝ってしまったのでしょう。


この発言、録音して妹さんに聞かせてあげたいです。


5、敵前逃亡は死刑


そんな感じでいい加減時間も過ぎ、飲み会は終了となります。この後カラオケになる予定

ですが、このメンツ、このノリ、この濃さ、どうも旗色が悪いです。己の力不足をヒシヒシと

感じます。努力が足りないのか、天性の力が足りないのか。それとも、久しぶりに外に出たのが

災いしたのか。どうも劣勢に立たされて「この流れでカラオケに逝ったとして何とかなるのか」

と、後ろ向きに戦況を分析します。そんなときです。何とも魅力的な言葉が聞こえてきました。


この後、うち来ますか?


「あぁ、逝く逝く」

すいません。二つ返事でOKしてしまいましたm(__)m

敵前逃亡は死刑です。

すいません。逝ってきます。


というわけで、今宵はらっきー邸でエロゲをやることを決意。

罪悪感に苛まれながらも、上野までの道のりを皆と一緒に歩きます。

その間、かみぃゆ氏と電車の中吊りのナディアDVDポスターについて

「どうやって、とったんですか?」

「いや、終点で」

「終電ですか。なるほど」

「いや、そりゃ、人多すぎだろう」

とほのぼのと会話したり。(窃盗だし)


らっきーくんが鬱っぽかったので、それに関連して、ブルーウォーターの秘密の一つ前の

話について、かみぃゆ氏、Xox氏、らっきー氏と楽しく会話したり。気が付かないうちに、

らっきーくんまでナディア見たようです。成長したんですね。いい感じですよ。

今度カラオケったら、一緒に愛の三人組歌いましょう。あと、れっつごージャンくんも。



そんな感じで、ほのぼのアニメトーク(ナディア限定)をしながらも、お別れの時間です。

上野駅付近で分離。戦線を離脱。さらばです。



6、徹夜


らっきー邸で、永遠をやる。もうエロゲはやらないって、そう決めたはずなんですが、

あっさり禁を破る。そして案の定徹夜。途中、昔懐かしいWOKUちゃんが登場。

我が家のようにらっきー邸に参上。その後邪険にされ隅で寝る。何しに来たんですか。

WOKUちゃんといえば、浪人中にヲタク度が増して、一つも大学に受からなかったという

人生をBETしたギャグで周囲を笑わしてくれましたがその後、お変わりないようで安心しました。

そして、朝日と共に解散。

久しぶりに早朝の京浜東北線に乗りました。

やはりオフ会というのはいいものですね。








追加



かみぃゆさんへ。

そのうちまた、会いたいです。ナディアトークしたり、めぞんトークしたり、Gガンダムトーク

したりしたいです。今までGガントークをしたなかで、ナスターシャのチャイナ服に着目した

人は、かみぃゆさんだけです。あと、ナディアが一番と公言する人も、れっつごージャンくんを

一緒に歌ってくれる人も。めぞんトークで、運動会で2番取ったときの写真と、九条さんの話とか

分かる人しか全く分からないあの領域でまたお話しましょう。らんまの歌も歌いたいっすね。

あぁ、楽しいこといっぱいだ・・。





最後に



力不足ゆえに、飲み会での参加度が低かったわけですが、次会うときはレベルアップ

してたいです。前日、はしゃいだ割には今までで2番目くらいにダメでした。

いや、すいません。