Make your own free website on Tripod.com

HOME

自己紹介


俺の歴史を記しました。人に歴史ありといいますが俺の場合ろくな歴史じゃないです。

こうなってはいけないという見本のような・・・(苦笑)





ハンドルネーム

しいな

当然のように本名じゃないです。何となく実際にある名前のほうがオフ会の時に呼びや

すいかな、という簡単な理由で即興で考えた名前です。もう少し考えてから決めたほうが

良かったなとちょっち後悔してますが、今更変える訳にもいかないし・・・。まあ名前なん

て本人だと分かれば良いわけだし、そんなに気にかける事もないでしょう。一応由来らし

きものはあるんですが別に書くほどの事ではないので省略しておきます。それに、大事

なのは名前ではなく中身です中身も問題あるような…


年齢

20代前半

まだまだやり直しのきく年齢です、多分。いや、きっとまだ大丈夫のはずだ(笑)


身分

明治大学の3年生

苦しい受験戦争をへてやっとの思いで手に入れた自由を全然有効に活用してないで

す。なんだって、ギャルゲーのHPなんか作ってしまったんだろう…。大学生としてもっと他

にやる事あるはずなのに。本来あるべき大学生の姿からどんどん離れて行っているよ

うな・・・。しかし、それも青春です(苦笑)  明治大学、良い所ですよ。何と3年生になると

歩いて秋葉原に行けるんです。これはすごい! 毎日秋葉に通えるんだ!


住んでいる所

埼玉県

オフ会する時は秋葉原がいいです。色々楽しめるし何より我々にぴったりです。DDRを

とことんやるなら新宿も良いですね。かの有名なチルコポルトがありますから。でも、やっ

ぱり秋葉が・・・。聖地秋葉原ですから。


好きな事

DDRをする事 ギャルゲーをする事 アニソンを歌う事


履歴書の趣味の欄には書けないような、そんなものばっかです(笑)  DDRとギャルゲー

はHPを作るぐらいですから当然好きなんですが、3番目のアニソン、これは俺一押し

の趣味です。やった事ない人はぜひチャレンジして見てください。すごい燃えます。俺は

初めてカラオケでアニソンを歌った時「カラオケがこんなに楽しいものだとは知らなかっ

た」と、ものすごい感動しました。オフ会をやる時はぜひともカラオケを入れたいと思いま

す。みんなで盛り上がるにはこれが一番です。とりあえずBrand New Heartあたり

から始めてみてはどうでしょうか。激!帝国華撃団あたりからでもいいかもしれませ

ん。何はともあれアニソンです。みんなで楽しくアニソンを歌いましょう〜♪


好きな声優

林原めぐみ

この頃アニメ見てないんでかなり疎いですが、林原さんのラジオは毎週聴いてます。アニ

メや、声優という枠を越えて人として尊敬できる人です。 歌も上手いし、演技も上手

なんですがそういう所よりも性格というか、考え方がすごい立派なんです。だから、好き

な声優というよりは尊敬する人ですね。こんなふうに年を重ねていければいいなと素直

に思える人です。アルバムは最近のはほとんど初回で買っています。良い歌ばっかりで

本当買って良かったと思えますよ。”VINTAGE S”というベストが出ているので興味があ

る方は是非。ファンならお勧めの一枚です。ってもう買っているか(笑) カラオケ行きたく

なります。林原ソングを一緒に歌う人募集中〜。カラオケへ!


好きなアニメ

ガンダムシリーズ、ナディア、CCさくら、ナデシコ、

エヴァ、エルハ(OVA版)、天地無用(OVA、映画)、


昔は結構見たんですけど今はもう引退してしまっていて、CCさくら、グルグル、最遊記、

後、たまにラブひなをみる程度です。何かお勧めがあったら教えて下さい。俺のアニメ道

はエヴァ辺りが全盛期です。映画も2つとも見に行ったし。ナデシコは舞台挨拶を見るた

めに三時間以上並んだ覚えがありますが、今だったらきっとそんな事できないでしょう。

あの頃は若かった…。林原さんを、なまで見るためとはいえずいぶん頑張ったもので

す。天地の映画の時はセルガ欲しさにかなり早起きしたんですがもらったセルガがしょ

ぼい奴でショックを受けたりもしました。今となってはいい思い出ですが。でも、いつの頃

からかアニメに興味を持たなくなって雑誌も見なければラジオも聴かないという状態で

す。今聴いているラジオと言えばブギーナイト(日曜0時TBS、パーソナリティ:林原めぐ

み)とエーベ(日曜0:30文化放送、パーソナリティ:三石琴乃)だけですから。当時の俺から

するとかなり減りました。あの頃は土日の夜にラジオ聴くのが生きがいみたいになってま

したから(笑)  と言うわけで現在の俺はアニメ色の薄い生活を営んでいます。何か面白

い作品がまた出てくればそれだけ見ると言う感じになると思うのでお勧めのアニメがあっ

たら教えて下さい。昔はすごい見ていたんですけどね。受験生だった頃友達の家で一日

中アニメを見るというアニメ合宿をはり一日中サイバーフォーミュラーやエスカフローネ、

サイレントメビウスなどを見ていました。やる気のある時など、徹夜でアニメを見た後そ

の足でスレイヤーズの映画を見に行ったりしてアニメ偏差値ばかり上げたものです。お

かげで現役の時は全滅しましたが(苦笑) そして浪人時代も懲りずにエヴァの映画を2

本とも見に行くなど、学習能力の低さを遺憾なく発揮していました。でも、エヴァは…ね。 


萌えキャラ
  茜 舞 琴音ちゃん

3人とも何か共通するものを感じますが・・・。

詳しい話はKanon ONEの部屋、ギャルゲーの部屋で。

DDRのレベル

中級者かな。食費を削ってまでやるほうではないので普通です。普通にゲーセンにいる

レベルです。HP持つくらいだからすごい上手いと思われても困ります(笑) 上手くないか

らこそ仲間が欲しくてHP作ったくらいですから。本当、普通のレベルです。パフォーマー

でもないし、スコアラーでもないです。ただのクリアラーです。寧ろガンダマー(笑) 


好きなモビルスーツ

AMX-004 キュベレイ

Z、ZZ、で登場するアクシズ産のNT専用機で、パイロットはネオジオンの最高指導者

ハマ−ン・カーンです。他のMSとは一線を画するデザインで、美しさと気高さを備えた

すばらしい機体。まさにハマ−ン様ふさわしいMSです。外観だけでなく性能も非常に

高く、Zではシャアの乗る百式をボコボコにし、ZZの最終話においては当時圧倒的な強

さを誇っていたZZガンダムと引き分けるという偉業を達成してます。ハマ−ン様自身は

引き分けではないと言っていますが、ZZを戦闘不能にしたのだからあれは引き分けだと

思います。ていうか引き分けじゃなきゃ嫌です(笑) いくらZZに乗っているとはいえジュド

ーなんかに負けるなんて・・・、絶対に嫌です。あと、ガンダム見た事ない人時間があった

らぜひ見てください面白いですから。見た後語りたくなるアニメなんでぜひともダンダムを

見て俺とガンダムトークをしましょう。基本ですよ、ガンダムは。やはりガンダムです。



ここに至るまでの道のり


 

 誰しもがこの道に入るきっかけや、深みにはまった経緯があると思います。自己紹介

と言う事なので俺がここまで来た道のりを書こうと思います。何気に自己紹介のメインだ

ったりするので文章長いです。相当に長いです。何をこんなに頑張っているのかわかり

ませんが・・・。もっと他にがんばるべき事があるはずなのに・・・(苦笑)


〜ラジオとの出会い〜

塾の友達が帰り道でラジオの話をしてたんで話題に遅れまいと俺もラジオを聴いてみた

んです。そしたらその面白さに気付き、少しずつラジオを聴くという事が習慣になってい

きました。そしていつだったか何気なくラジオを聴いていたら「レジェンド オブ クリスタ

ニア 始まりの冒険者たち」というラジオがやってて、そこで捕まってしまったんです

ニメラジオという奴に(笑) きっと何か感じるものがあったんでしょう。その後アニメ系の

ラジオを見つけては聴くという感じでだんだんアニメの世界に足を踏み入れて行きまし

た。今にして思えば「あの時ラジオを聴かなければ・・・」と思うところですがきっかけがあ

のラジオだっただけで遅かれ早かれこういう結果になっていたのかもしれません。これば

かりは神にしか分からないことですが。何はともあれ俺はラジオを通して“声優”や“アニ

メ”といった単語に慣れ親しんで行く事になりました。そしてその後も抜けるどころかずぶ

ずぶとさらなる深みにはまって行きます・・・・。はぁ、ヲタク道…。どうするんだよ…。


〜青春無駄使い高校生活〜

高校時代は何とも言えない不思議な現象が起きました。なんと、近くにいる人間に

アニメマニアがたくさんいたんです。いや、正確には俺の周りにその手の人種が

集い始め、授業が始まる前や昼休みになると、俺の机で怪しげな会話をしているんで

す。中学生の時の普通を絵に描いたような俺はどこへ行ってしまったのか・・・、などと考

える暇も無いまま俺の周りはマニアで埋まり、俺もその一党の中心になっていました(苦

笑) そしてさらに運の悪い事にあの番組が始まってしまったんです。そう・・・

新世紀エヴァンゲリオン(笑)  

例に漏れず我々もエヴァにはまり木曜の話題はエヴァ一色になりました。そしてそのま

まアニメ街道を進むことになりました。本来なら部活や女の子に情熱を燃やすべき時期

なのに俺たちはどこで道を間違ったのか情熱のベクトルがアニメに向かったのです。

友人宅で一日中アニメを見るアニメ合宿を開いたり、怪しげなビデオ(でもHな奴じゃな

い)や、アニラジを録音したテープを交換したりして周りから見れば相当に怪しいやり取り

をしていました。で、そんな感じで楽しくやっていたんですが人数が集まると微妙な趣味

の違いが出てきて、その集団のなかでもさら細分化され、俺の周りにはさらにどうしよう

もない人間が集まって来たのです。今にして思えばこれが全ての元凶でした・・・。あの

時、ああいうバカな事をしなければなぁ、といつも思うのですがきっと俺の中にもそういう

要素があったんでしょう。環境と才能。この二つがそろえば人は覚醒できます。


〜パソコンゲームとの遭遇〜

ちょっとアニメに興味を持った普通の高校生だった我々でしたがほんの少しだけ世間一

般の高校生と同じような事をしていました。それは、Hな本の貸し借りです(苦笑) まあ、

それだけならしょうがないなと笑って済まされる事なんですが、問題はそれらの本の中身

全て2次元だったんです。 実写のものは全然なくすべて、キャンディータイムとか

ペンギンクラブとかそういう系統のマンガ雑誌だったんです。さらに強化されて単行本も

回って来たりしましたが・・・、いや、そんな事はどうでも良くて大事なことは(全然大事じゃ

ないんだが)それらの中にパソコンパラダイスPCエンジェルといったパソコンゲーム

の雑誌が混じっていたんです。一体何を考えてあんな恥ずかしい物を回してきたかは分

かりませんが・・・、とにかく俺はこの時パソコンゲームというものの存在を初めて知った

んです。かなりのショックを受けましたが、その時なぜか俺は“学園ソドム”や“鬼畜王ラ

ンス”その他もろもろのエロゲーの紹介を見て一つの野望を抱いたんです。 

.「大学に入ったらパソコンを買おう」

大学に入ったらパソコンを買ってエロゲーを心ゆくまで楽しむのだ。人から借りたパソパ

ラの前でそう決意したのでした。しかし、そんな不順な動機でなんとかなるほど大学受験

は甘くはなく受けた大学全て落ち、めでたく駿台予備校に進学する事になりました。ま

あ、俺の場合動機うんぬんよりも受験に対する態度からしてなってなかったんですけど

ね。勉強合宿する代わりにアニメ合宿やったり・・・。およそ、受験生らしい事はしてなか

った気が・・・(苦笑) でも、浪人時代はエヴァの映画を見に行ったりした以外はそれなり

に勉強していた気がします。それでも合宿は開きましたが(懲りてないし…)////////////////


〜アニメからの脱出〜

なんとも言えない最後だったとはいえ無事にエヴァも終了し、これで俺もアニメから脱出

できると思っていました。しかしその後、エヴァの後を引き継ぐようにナデシコにはまって

しまいアニメ卒業は延期という事になってしました。しかし、ナデシコも多くの謎を残しな

がらも無事に終わり、俺も浪人生という新しい身分になると、合宿を開いてOVAや過去

の作品を見る以外はほとんどアニメを見ないようになりました。生活のほとんどを受験勉

強に費やし娯楽といえば帰りにコンビニで立ち読みする事や、週末の深夜にラジオを聴

く事くらいになり、テレビの前で正座してアニメを見ると言う事はなくなっていきました。そ

して、あっけないくらい簡単にアニメを卒業したのでした。あれほど情熱を燃やしたわり

にはあっさりとした幕切れでした。特に感慨深いと言う事もなく、むしろ、ずるずると引き

ずらないで良かったと思っています。それに卒業と言っても面白い作品は見るようにして

いたので完全にアニメと縁を切ったわけでないです。


大学生活ロケットスタート

真面目に勉強したおかげで大学に入る事ができ、新たな気持ちで大学生活を送ろうと意

気込んでいました。一年間の浪人生活で身も心も普通人になったと思っていたんでが、

一度染み付いてしまったものはなかなか消せないらしく、入学当初にマニアオーラを発

散させている男につい声をかけ友達になってしまったのです。俺も見ただけでその種の

人種かどうか見分けられるほどレベルが高くないんですがなぜかその時は直感で「この

人間はそうだ」ってわかり、気が付いたら声をかけていたんです。そして俺はその男に導

かれるようにパソコンゲームやインターネットの世界へと入っていくのでした。この時点で

俺の大学生活は、ほぼ方向が定まり、後は自らの足で一歩ずつと歩いて行くだけとなっ

たのです。やはりヲタク道を歩む運命なのか…。人は流れに乗れば良い!


〜念願かなう〜

入学祝といくばくかの貯金でついにパソコンを買うことになりました。大学に入ったらエロ

ゲーをやろうという俺の野望は大学入学直後に達成されたのです。しかし、それは普通

の大学生活を犠牲にしたものだったのですがその事に気付くのはもう少し後のことでし

た。そして気が付いた時にはもうすでに時遅く、もはや後戻りのきかない所まで来ている

のでした。それはいいとして、念願のパソコンを手に入れた俺は買った当日に高校時代

の友人からソフトを借りてきて何をするよりも先にゲームをしたのでした。しかしその友

人が貸してくれたのは、DIVI DEADしゃぶり姫という、最初にやるにはほんの少しば

かりディープな奴でした(笑) もう少し普通のを貸してくれても良いものをなんだってこん

なアクの強いものを貸してくれたんだか・・・。きっと俺だから貸したんだろうけど、それに

したってもう少し普通のあるだろうに…(苦笑) 東鳩とかさ…。同級生とか…。


〜ギャルゲー道〜

その後もTo Heartで愛を語りたくなったりKanonで涙を流したりして立派にギャルゲー

道をひた走る事になりました。そしてふと気が付いてみると、アニメを卒業したかわりに

ギャルゲーにはまっていたのです。「アニメからギャルゲーへ」 これが進化なの

か退化なのかは分かりませんが、とにかく俺はアニメに代わる輝けるものを探し出した

のです(苦笑) そして言うまでもない事ですが、俺は本来あるべき大学生活とは全く異な

った生活を送り、日の当たらない道を歩くことになったのです。・・・・・・・・・・・/////////      


  〜現在〜


気がつけば自分でギャルゲーのHPを持つようになり、オフ会ではアニソンを熱唱し、夜

な夜なチャットで怪しげなトークをする立派な人間に成長してしまいました。きっと始めか

らこうなる運命だったんでしょう。ダメになる才能を持ち、パソコンを買い、秋葉に通える

居るに住んでいる。十分過ぎます(笑) そして、再びアニメを見初めて暇な時にビデヲフ

ル稼働させています。本当俺のビデヲはアニメにしか使ってないな…。きっとビデオも本

望でしょう。パソコンはギャルゲーとネットやるために、カラオケはアニソン歌うために!




 

HOME